読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四条通り週末.com

京都から万物の面白さを伝えます

THE YELLOW MONKEYと僕ら

音楽

 

松本です。生きてました。

THE YELLOW MONKEYのライヴに行ってきました

f:id:newpal-matsu:20160731234930j:plain

ということで、7/27(水)に行ってきました!

THE YELLOW MONKEY(SUPER)の復活ライヴです!

今回はそのセットリストを振り返りつつ、僕の熱くて暑苦しい重い思いを語りたいと思います!

まず最初に

まず、僕はTHE YELLOW MONKEYの大ファンです。普段は「イエモン」と言っていますが、文字では「THE YELLOW MONKEY」という表示が大好きなので、今回の記事ではTHE YELLOW MONKEYで統一したいと思います。また、自分のTHE YELLOW MONKEYに対する愛情を再確認したいため、THE YELLOW MONKEYという表記をする場合、全てコピペではなく、THE YELLOW MONKEYと打ち込みたいと思います。なので、もし僕がTHE YELLOW MONKEYと打ち込めずに間違った表記になっていた場合、眠いんだなと思ってください(深夜0時)。

とりあえず、思いだけで5000文字は超えてしまうので、急いでセットリストを振り返ります。

 

また、公式で動画があるものの一部を紹介していきます。

1、プライマル。

www.youtube.com

初日の1曲目に何をやるか。公式サイトでも問題となっていましたが、プライマル。でしたね。

この曲は活動休止後に発表されたシングルで、ライヴでは未演奏でした。

特段好きな曲でもなかったですが、この日、心の底から好きな曲になりました。

2001年、1月、4日、僕は大阪ドーム(京セラドーム)にいました。

これで活動休止と発表していたTHE YELLOW MONKEYのライヴです。

そのライヴ終了後、なんとなく、もう最後になるのかもしれないなぁという予感はありました。そして、それは現実になり、また、15年後に取り消されました。

ファンでいて良かったんだ!この、プライマル。を聴いたときに素直にそう思いました。15年間、ずっとずっと毎日毎日THE YELLOW MONKEYのことばかり考えていたわけじゃないけど、どこかにずっとあった気持ちを肯定されたような、ファンでいて、報われたんだという気持ちです。

どこかで捨てられたような、どこかでお別れを言われていたような、そんな気持ちが全て晴れ上がって、なんだか、当然だよな!という気持ちがありました。

1回目か2回目のサビで、僕は正直泣いていました。

本当に本当なんだと。なんだよ、この曲めっちゃいいじゃねーか!と思っていました。

どこか、お別れの曲というか、置き土産のような曲で好きじゃなかったこの曲が、本当に大好きになりました。

2、楽園

全部このペースでいったら20000文字超えるわ!なので、とりあえずちょっとだけ。

好きです!かっこええなーという曲です。

3、ROCK STAR

別日では「Love Communication」のパターンもあったようですが、ROCK STARで良かったです。大人気の曲ですね!

皮肉の効いたTHE YELLOW MONKEYらしい名曲だと思います。

4、サイキックNO.9

なんと!?まさかのサイキックNO.9でした!

実は正直「8」はあまり好きなアルバムではないんですが、その中で一番好きな曲です。ツアー初登場だったようですね。

後期でよく見られる、軽い言葉遊び全開の歌詞とテンポの良さはライヴ向きですね!

5、A HENな飴玉

最初の「Let's go」でテンションマックスなライヴの定番ですね!

「A HEN」と「アヘン」をかけているわけですが、ドラッグを連想させる言葉遊びで「アヘン」を選ぶのがTHE YELLOW MONKEYらしいなぁと思います。

6、Tactics

うおー、これもイントロが超かっこいい名曲ですね。Jamとの両A面(懐かしい響き)でなんかすっごい売れたはずです。るろうに剣心のテーマだったかな。

珍しく?ってこともないですが、楽曲的にはかっこよさを追求したような曲だと思います。

7、LOVERS ON BACKSTREET

MCで「最初に作った曲」と言っていたので、みんな「あれね」と思ったはずです。吉井さん曰く「家族を失った娼婦の歌」ということで、こんな曲を作っておいて、ちょっと独特のポップなバラードを作ろうと思ってたとかなんとか言ってたのがすごい。

独特の曲調が大好きな曲です。

8、FINE FINE FINE

きました。まさか。

実は前情報で「薔薇娼婦麗奈」かどっちかと知っていたので、どっちも好きだけどこっちだったらいいなーと思っていたのですよ。

いやー、大好きです。ほんと、大好きです。1.2を争うぐらい大好きなんです。テンポ早めでめっちゃかっこよかった。

僕が一番聴いた3rdに収録されているんですが、今回は3rdからの曲が多くて大満足でした。その一因ですね。

9、球根

www.youtube.com

かっこいい。英語版の方が好き。

10、カナリヤ

特に好きな曲でもなかったんですが、やっぱりライヴで聴いたらどれもいいですね。

11、HOTEL 宇宙船

個人的にはすごく嬉しかった一曲です。やっぱかっこいいなー!

HOTEL 宇宙船は叶姉妹〜

12、花吹雪

生で聴けて良かった!

13、空の青と本当の気持ち

う、うーむ。これかー。個人的には大好きな「Father」か「Four Seasons」だったら最高だったのになー。

14、ALRIGHT

www.youtube.com

新曲!やっぱりいいですね!

曲前の映像ではライヴ当日の映像が含まれてて、客席がおおーってなってました。

個人的にはTHE YELLOW MONKEYと吉井和哉ソロの融合というか、ここからまた面白くなるんだろうな〜という出来で、すごくすごく楽しみです。

また歌詞が再結成を匂わす内容でにやりですね!

15、SPARK

www.youtube.com

からのSPARK!かっこええ!やっぱりかっこええ!

やっぱりこれだよーこれなんだよーかっこいいわーPVもめちゃくちゃかっこいいのでぜひどうぞ!

16、見てないようで見てる

うん!ね!

17、SUCK OF LIFE

本来なら文句なし一番好きな曲なんですが、ライヴの定番として途中でメンバー紹介が入るんですよ。

メンバー紹介は面白くて大好きなんですが、この曲が割と中途半端な感じになっちゃうので違う曲でやらないかなーと思ってたらやっぱりこれでした。

18、バラ色の日々

後期の代表曲ですね。MCもあり、やっぱり素直にいい曲だなと思いました。例のごとく、そんなに好きではなかったんですが、いい曲だなって。

19、悲しきASIAN BOY

www.youtube.com

からのいえっさー!

本当にいい曲なんですが、こんなタイトルで売れると思ってたのかよ!本当にいい曲です。大好きです。みんなでノリノリになってました。タイトルだけ。いや、タイトルも好きなんですよ。

みんなで手を左右に振るのが楽しかったです。ハードコアのライヴだと暴れ回るだけだから新鮮でした。

20、パール

ここからアンコール。例のごとく、でしたが、いい曲でした。

21、LOVE LOVE SHOW

もちろんくるよね!そりゃあね!

もしかしたらTHE YELLOW MONKEYで一番有名かもしれない曲、と15年前は思ってましたが、今となってはどうなんでしょう。

22、BRILLIANT WORLD

良かった。

ちょっと驚いたのは、この頃の曲もやるんだなって。バンドとしては結構辛い時期だったと思うんですが、吉井さん自身はそうは思ってないのかな?

こういう機会じゃないと聴かない曲だと思いますが、良かったです。

23、WELCOME TO MY DOGHOUSE

そうなんです。僕が15年前、最後に聴いた曲なんです。

当時は終わりかーと思いながら聴いていましたが、そんな後ろ向きな気持ちはなく、とても気持ち良く聴けました。やっぱりいい曲ですね!

24、JAM

www.youtube.com

いまさら何も語ることはない名曲。

THE YELLOW MONKEYのロックンロールアンセムというのが誇張でもなんでもなく、後世の残るであろう名曲だと僕は思います。

まとめの感想

素晴らしいセットリストだったと思います!大満足です!特に「FINE FINE FINE」はめちゃくちゃ嬉しかったです。

ただ、他の日だと「Romantist Taste」をやっていたらしく、僕はもう、とにかくもう、それだけが悔しくて悔しくて!!!なんだよもう!!!

年末またやらないかなー今度は東京ドームか!?

 とりあえず入門編としてこちらをどうぞ!