読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四条通り週末.com

京都から万物の面白さを伝えます

2016年 オリックスが達成する!?とんでもない記録とは

野球

 

松本です。

ペナントレースも終わりですね

ペナントレースがほぼ終わり、後は下の順位がどうなるかというところまで来ています。

そんな中、今年もシーズン終わりになると記録が達成なるか!?という話が多く出ていますね。

個人記録としてはスワローズ山田の2年連続トリプル3を筆頭に、筒香が2冠王なるか?など、華々しい記録が話題となっています。

オリックスの記録がとんでもない

そんな中、チームとして、とんでもない記録に挑戦しているチームがいます。オリックスです。

もはや2016年の最下位が確定しており、借金は25とふがいない結果になってしまった今年ですが、一方で、球史に残る記録が生まれるかもしれません。

 

それは「捕逸0」です。


つまり、キャッチャーがボールを後ろに一度も逸らしていないのです。

捕逸0のすさまじさ

これがどれほどすごい記録なのか。

実は、シーズン通して捕逸0は未だに達成されていません。それほどすごい記録です。

また、更にすごいのが今年のオリックスで試合に出た捕手は6人です。いずれも、捕逸0です。

つまり、キャッチングが飛びぬけて素晴らしい選手の記録ではなく、正真正銘チームとしての記録なのです。

捕逸0の価値

では、捕逸0にはどのような価値があるのでしょうか?

他の試合を見ていると、あー、また逸らしたわーと思うことが多いと思います。

しかし、逸らさなくても「今日、逸らしてないな」と思うことはないでしょう。むしろ、逸らさなくて当たり前。この当たり前ができているのが素晴らしいですよね。

キャッチャーが絶対に取ってくれるとわかっていれば、投手としてこんなに頼もしいことはないでしょう。


まぁ、最下位なわけですが・・・


ちなみに、オリックスは去年の8月末から捕逸0を継続しており、シーズンとしてはまだ達成しておりませんが、現在162試合連続捕逸なしという記録を更新中です。

若月や伏見のような若手捕手も台頭していますし、オリックスの捕手事情はどこよりも明るいかもしれませんね。

(全て9/24現在の数字です)