読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四条通り週末.com

京都から万物の面白さを伝えます

子供寝かせあるある

 

松本です。

寝かせ〜あるある〜早く言いたい〜

子供がいる皆さんが一度どころか一定期間体験したことに「寝かせ」があると思います。

これが本当に大変なんですよね。

この世に「オールマイティ寝かせ」なんてものはなく、それぞれ子供によって寝かせ方が違うのも大変です。

育児って結構経験が重要で、二人目になると要領よくこなせたりもするんですが、寝かせに関しては全く通用しなかったりしますからね。

そんな「あるある」を早く言いたいので、石井明美のCHA-CHA-CHAに乗せずにお伝えします。

唐突に訪れる横抱き→縦抱き

最初はどんな子でも、横抱きなんです。横抱きってのは簡単に言うと、お姫様抱っこみたいなやつです。

なぜかと言うと、最初は首がすわっていないので、そこを固定するために、基本的には横抱きです。

なので、最初の寝かせは横抱きで寝かせてから、布団にふわっと置くのが基本です。

しかし、突如、横抱きでは寝なくなります。

これはもう、前兆一切なし。

横抱きでは泣き出すようになり、縦抱きに移行せざるを得なくなります。

横抱きと縦抱きを併用していたら、いつのまにか縦抱きオンリーになる、というのもあります。

横抱き→横抱き・縦抱き併用→縦抱きオンリーが一番多いパターンかもしれません。

途中から、縦抱きに慣れて寝かせながら左手でスマホをいじれるくらいになります。

抱っこ→布団への移行が難しすぎる

これで悩まなかったお母さんはいないんじゃないでしょうか。

抱っこで寝かせるのは簡単なんです。ある程度の眠気がある状態で、辛抱強く抱っこすればほぼ100%寝ます。

ここからが難しいんです!!!

布団への移行に皆さん四苦八苦するんですよね。

6ヶ月くらいまでは、すっと横にして置くだけで何%かの確率で寝ていたものが、途中から一切寝なくなります。

どう衝撃を吸収するか、どう抱っこされている感覚を維持するか、そこの研究になってきます。

「延々と抱っこのまま支えてくれる器械がほしい」と何度思ったか。

ここらへんから思考がおかしくなって、自分が抱っこした状態でふわりと体重をかけ、斜めの状態で支持してくれる固定器具を開発すれば売れるんじゃないかとか考えていました。

それほど抱っこ→布団は難しいんです。

うちの娘は二人とも抱っこのまま寝転んで、お腹の上に横たわらせればかなりの確率で寝てくれました。

後はどれだけ上手くずらして腕を抜くか、みたいになってきます。

しかし、最近下の娘がそれでは寝なくなり、抱っこしたままベッドに腰を下ろし、そこから徐々に体勢を傾けていき、時間をかけて自然に横たわり、その刹那、流れるように娘を横に置き、右足だけを腹の上に残したまま、同時に背中を高速でさすり続け、呼吸が整えば腕を徐々に抜く、という形に落ち着きました。

ここまでやっても、最後の方で少しでもぐずると最初からです。

世の中のどんな女性よりも繊細に扱わないとぐずりますからね。精神が鍛えられます。

そして朝は全然起きない

夜、ベッドを抜けでてブログを書き、0時前ぐらいにベッドに入ると、震度0.1ぐらいの揺らぎでも起きます。

布団をかけても起きます。ちょっと布団に波を立てようもんなら即起きます。

ハンターハンターで出てきたやつ(名前忘れた)ぐらいの超反応です。

しかし、朝は起きません。

ここらへんは乳児とか幼児とかの話じゃなく、人間の体質的な問題かもしれませんが、朝はなかなか起きません。

割と雑に抱っこしても平気で寝てますし、カーテン開けるなんて何の意味もありません。

僕はここを「エンペラータイム」と称して思いっきり愛でることにしています。

寝てる時の顔ってめちゃくちゃ可愛いんですよね。そこを思いっきり触ったりグリグリしたり顔を近づけたり。

早く起きろという気持ちと、いやまだだ!まだいける!という気持ちのせめぎ合いです。

親の気持ち次第

まぁ、色々と書きましたが、結局は親の気持ち次第なんですよね。

早く寝てよお願い!って気持ちになるのは当然だと思います。泣かないでよ!って。

でも、それは自分が寝かせ方をわかってる、こうすれば寝るんだろうという勝手な気持ちなんですよね。

大人だってたまに変な寝方をしたりするんだから、子供もあって当然なんですよ。

普段なら寝てくれるのに!って気持ちがイライラに変わっちゃうんですよね。

でも、そんな気持ちになっちゃダメって言うのも難しいので、自分がイライラしそうになったら嫁にちょっと替わってもらい、嫁がイライラしてそうなら飛んでいくようにしています。

娘がぐずってもすぐ抱っこすれば収まるように、イライラもパートナーにすぐ助けてもらえると収まりますし、そうなると「優しくしてあげよう」って気持ちも芽生えますからね。

後は、こんな感じでネタにしたりね。

何にせよ、助けてもらえる人がいるというのは、色んなところで余裕が産まれて有難いものです。

娘の可愛さを間近で見られることを当然と思わないように、頑張ります!

上の子には寝る前に本を読んであげています。絵本以外でもじっくり聞いてくれるようになったので、結構重宝してます。オススメです!