読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四条通り週末.com

京都から万物の面白さを伝えます

生きてます。

 

松本です。

お久しぶりです。

4/11に更新して、今日は次女の誕生日です、という話をしたかったんですが、まーた書く気が起きずにずるずるしてて、いやいや、ここでも書かなきゃもう書かないぜというほんの小さなやる気を膨大に膨らませて、いま、ブログを更新しています。

誕生日おめでとうとお祝いコメントを心の中で想ってくれた皆様、ありがとうございます。

次女は元気ですし、僕も元気です。長女も元気ですし、まぁ、嫁も元気です。

つまり、松本家は平和ということです。

次女が保育園に

ずっと先だろうなということが、いつの間にか目の前に迫り、壁も何も感じずに、今日、たった今、そうなるということはよくあることですが、次女の保育園もまだまだ先だろうな〜と思っていたら、いつの間にか産まれたあの日のあの夜、あの朝、昼の出来事の方がはるか遠くに感じるほど、さっさと時は過ぎました。

次女は元気に保育園に通いだしました(父親に無理やり朝起こされて知らない部屋の知らないお姉さんの元に渡されて泣いています)。

お姉さんと書いたのは、父の配慮です。

野球が始まりました

そんな中、野球が始まりました。

僕はもう毎日、毎時、毎秒野球が見れたら儚い人生を楽しく過ごせるなぁと思っているのですが、家で野球を見ることはあまり家族に(嫁に)好まれてはいません。

先日、僕がせっせと家事をこなしながら野球を見ていたら、ふいに嫁にテレビを消されて、抗議したら「もう別にいいかなと思って」と半笑いで言われました。

その後、じゃあ別にいいよなどと言われてテレビをつけられたのですが、僕は「もういい!」と言ってテレビを消して、不機嫌になってやりました。

しかし、嫁は僕の不機嫌を気づいてか気づかずか、とりあえず、僕は野球が見れなかったのです。

 

そして、僕は気づきました。


これ、めっちゃ損やん!!!


家事やって不機嫌になって野球も見れないって!?

嫁に対するサイレント抗議が全く役に立たないことに気付いた僕は、とにかく家事をやるから野球は見せてくれと頼むのでした。

気づいたのが昨日、頼むのが今日。

リアルタイムでお届けしております。

娘と野球を見に行きました(甲子園)

f:id:newpal-matsu:20170413224949p:plain

甲子園に僕と娘と他一人で野球を見に行きました。

その話は後日ゆっくりしますが、とても楽しかったです。

ブログについて

以前、有名なブロガーの方が、はてなブログって立派なチラシみたいな記事ばっかりだよねと書かれておりました。

僕もそれに漏れず、しょーもない記事を書くぐらいなら金になる記事を書こうという邪な考えで更新を続けておりましたが、やはり、金という目的で続けるのは結構つらいなと。

そういう意味では、ずっと金のために続けられる人は、嫌味でもなんでもなくすごいなと思います。

なので、僕はそういうものから離れて、全然金にならなくてもいいという気持ちでやりたいんですが、でも金になった方がいいんです。

そりゃ、そうでしょうよ。

だけどあんまり金金言っても仕方ないし、金にならないからなーと思って書くのをやめるのも本末転倒だし、すでにはてなに2年ぶり払ってるし(元は取ってますが)、少なくとも今年来年は更新しようと思うのです。

つまりは?

野球が始まってワクワクなのです。

それではまた、近々。