読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四条通り週末.com

京都から万物の面白さを伝えます

「人間の証明」が藤原竜也主演でリメイク決定!

映画

 

松本です。

「人間の証明」がリメイクされるそうですね

人間の証明がリメイクされるそうですね。

原作は森村誠一による「人間の証明」で、累計770万部という大ベストセラーです。

藤原竜也と鈴木京香のW主演で2017年春にリメイクされることが発表されました。

f:id:newpal-matsu:20170130224757p:plain

公式サイトより)

 

人間の証明はこれまでも何度か映像化されてきていますが、もちろん、一番有名なのは松田優作主演の映画でしょう。

ストーリー、出演者、映像の迫力、そしてテーマソング。

どれを取っても素晴らしい、超名作だと思います。

松田優作

松田優作は僕の大好きな俳優です。

本当に息子が産まれたら「優作」という名前にしようと思っていました。

そして、自分の家族、嫁の家族全員に反対されました。更に産まれたのは娘でした。

それぐらい好きなんです。

 

f:id:newpal-matsu:20170131003855p:plain

松田優作は、人間の証明では心に傷を負った刑事役を演じています。

しかし、この役が本当に難しい。

ただ辛い出来事が過去にあったというだけでなく、刑事としての正義感、事件の真相にたどり着こうとする執念、そして日本人としての誇りという複雑な心情を、松田優作は見事に表しています。

本当に、見事と言うしかありません。

脇を固める俳優の演技も光りますが、その中でも飛び抜けて際立っています。

 

藤原竜也

実は、藤原竜也も僕の大好きな俳優です。

バトルロワイアル(2はクソゴミ映画)、カイジ(まぁまぁ)、インシテミル(超絶クソゴミ映画クソクソ)、パレード(原作から大好き)と、結構観てます。

まぁ、大ヒット作のデスノートとるろうに剣心は見てないんですけど。

 

f:id:newpal-matsu:20170202234115p:plain

僕の中の藤原竜也は「イメージと違う役をやらされてるけど意外と合う」みたいな感じです。

バトロワ、カイジ、パレードはどれも原作とは違うイメージでしたが、これ藤原竜也がやるのかーと思いつつ観たら、あれ、結構いいなとなりますね。

藤原竜也はいつも叫んでるイメージですが、むしろ、全ての役を自分に引っ張ってこれる演技力があるのかなと。

どんな役を演じるとしても、安心して観ていられる役者さんだと思います。

藤原竜也の「人間の証明」はどうなるのか

つまり僕にとっての「人間の証明」は、大好きな役者が演じた大好きな映画、そしてそれを大好きな役者がリメイクする、ということになります。

そうなると最高じゃないか!と思われるかもしれませんが、正直、結構心配なんです。

なぜかと言うと、それは人間の証明の設定の難しさにあります。

人間の証明は1970年代を舞台にしており、ストーリーの根幹に「戦争の記憶」があります。これをどう再現するのか。

すでにリメイクも1970年代の時代設定と発表されております。

正直、全く違う時代背景とオリジナル設定を多数使用という話なら、僕も純粋に楽しみになるんですが、同じとなると、どこまで再現できるのか、という話にもなってきます。

そこが怖いんです。

藤原竜也の演技力ではなく、今のこの時代にどこまで表現が許されるのか。

共演者とテーマソングもどうなるのか

世界観の問題もありますが、他に共演者とテーマソングも気になるところです。

すでに鈴木京香が出演することは発表されているおり、そこはとても期待していますが、問題は最重要人物のジョニーヘイワードでしょう。

松田優作の人間の証明では、ジョー山中が演じており、ぴったりでした。

また、ジョー山中はテーマソングも歌っており、それも素晴らしかった。

ここらへんが、かなり注目だと思います。

安っぽい曲だと、前が良かっただけにガッカリしてしまいますしね。

でも、楽しみです!

まぁ、色々と語りましたが、トータルで考えるともちろん楽しみです。

これが藤原竜也じゃなく、最近売れている若手俳優とかならもう絶句ですが、藤原竜也ならなんとかしてくれるんじゃないか、むしろ松田優作版に迫る、超えるような仕上がりになる可能性すらあると思えます。

松田優作のように、静かに語るところでの迫力と、語らないところでのかっこよさ、立ち居振る舞いというか、佇まいのかっこよさを表現してくれれば最高ですね!

松田優作版はアマゾンプライムに加入していれば↓から観れます!

観たことない方はリメイクが放送されるまでにぜひ観てください!