読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四条通り週末.com

京都から万物の面白さを伝えます

【Amazonビデオ】人狼ゲーム

映画

 

松本です。

Amazonビデオが素晴らしい

今までは夜、録画してたバラエティ番組を消化してたんですが、家族でリビング隣の和室に布団を敷いて寝ることになりまして(エアコンの関係)。

僕の貴重なバラエティ消化の時間がなくなりました。

そこで、仕方ないからブログでも更新すっかーと思ってたら、友人からAmazonビデオでこれ面白いよ、みたいな感じで紹介されまして。

そーいや、僕、プライムに加入してるな、と。正確にはAmazonファミリーですが。

で、Amazonビデオに何があるのかなと思って調べてみたら、昔から見たいなと思ってたのが結構ありまして。

前置きが長いですが、それを紹介するってことだよ!

人狼ゲーム

この前紹介した「八日目の蝉」はとにかくオススメなんですが、それ以外でも見たやつを紹介していきます。

八日目の蝉の記事はこちら。

 

「人狼ゲーム」を見ました!

全く期待してなかったんですが、意外と面白かった、というのが正直な感想です。

これがAmazonビデオのいいところなんですよねー。軽い気持ちで見れるし、なんかうだうだ考えてるなら見たらいいか、ってなるんですよね。

で、なんでこれを見たのかというと、桜庭ななみちゃんが好きなのもありますが、ちょっと昔に人狼ゲームにハマってたというのもあるんですよね。

人狼ゲームとは?

人狼ゲームというのは、村人の中に数人(1.2人の場合が多い)だけ人狼が混ざっていて、誰が人狼かを当てる、というゲームです。

みんなで騙し合いをするわけですね。

ちょっと前までオンラインでもプレイできたんですが、相手の言葉の裏を読むという行為に加えて、これまでの行動の整合性を辿っていくという頭脳戦が面白いのです。

で、このゲームではこいつが人狼だ!と思えば、多数決で誰かをゲームから「追放」するんですが、映画では「追放=殺害」となり、そこらへんのやり取りが衝撃的で、割とどきっとします。

制作秘話みたいなのを読んだら、登場人物のやり取りはアドリブというか、流れだけを決めて演者に任せてたようですね。

人狼ゲーム ビーストサイドもあります

上の桜庭みなみ主演の人狼ゲームは、主人公が村人なんですが、主人公が人狼のビーストサイドもあります。

こちらは土屋太鳳ちゃんが主演です。こちらも意外と面白かったという印象です。というか、土屋太鳳ちゃんがすごいなと。

実は名前しか知らなかったんですが、やるやん!って感じでした。

僕の知ってるタオちゃんと言えば、田尾元楽天監督だけだったんですが、土屋太鳳ちゃんも僕の認めるタオちゃんの一員になりました。

どちらにも言えることですが

「意外と」面白かった、という感じです。でもそれがAmazonビデオのいいところなんですよね。

ちょっと気になったら、ちょっと見てみるというのができるので。

ぜひとも軽い気持ちでふわーっとした感じで見てください。

桜庭みなみちゃんと土屋太鳳ちゃんが好きってだけでも見ていいと思いますよ。

ほんと、意外と面白いって感じですw

7/12にプライムデーがあるので無料体験登録してみましょう

前の記事にも書きましたが、7/12にプライム会員だけが参加できる「プライムデー」という安売りの日があります。

無料体験登録でも参加できるので、ぜひどうぞ。

 

Amazonプライムはこちらから無料体験登録できます

 

これでAmazonビデオも見れるので、一石二鳥。まぁ、Amazonを利用する方は無料体験登録じゃなく、普通に登録しても十分元を取れると思いますけどね。

プライムデーに関してはこちらから。

www.amazon.co.jp

それではまたー