読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四条通り週末.com

京都から万物の面白さを伝えます

女性が知らない男性用下着の秘密

ネタ ファッション

 

松本です。

今回の記事は勢いです

前回の記事は色々と綿密に構成を組み立てて、推敲しながら書きあげましたが、この記事は全て勢いでいきたいと思います。なぜならもう深夜1時。32歳のおっさんは寝る時間だからです。風邪も引いてるしね!推敲なんて絶対しないよ!

ちなみに前回の記事

 

さて、皆さん、特に女性の皆さん、男性用下着と聞いて、何を思い浮かべますか?

ブリーフ、ボクサーパンツ、トランクス。

大体がこの3種類に当てはまると思うんですね。

そして、この3つに共通するものって何かわかりますか?

そう、真ん中についてる取り出し口です。取り出し口と言いつつ、取り出され口でもあるわけですが、そこらへんはややこしいので、とりあえず取り出し口に統一します。

取り出し口から取り出すもの

では、取り出し口から取り出すもの、何かわかりますよね。そう、男性器です。

しかし、男性器を連呼するとブログの格というか、気品が損なわれますので、ちょっと便宜上、別な名称にしたいと思います。

男の人は自分の男性器を「息子」と呼んだりしますが、それもちょっと気品が損なわれますので、多少アレンジをして「ムスカ」と呼びたいと思います。

で、取り出し口からムスカを取り出します。

いや、取り出すと思いますよね?

実は、そこに秘密が隠されているのです。

みんながみんな、取り出し口からムスカを取り出す訳ではない

これですよ!!これ!!

恐らく、女性のほとんどは男性があの取り出し口からムスカを取り出し、尿をバルスしてると思っているかもしれませんが、実は、男性は取り出し口をそれほど使ってはいないのです!

というか、使わない人は絶対使わないし、使う人はまぁ使う、って感じなのですよ。

そんなの知ってたよ、と言われてもリアクションに困るので、もし知っていても、すごーいパズー!みたいな顔をしてください。

しかし、実際このことを知っているシータはなかなか少ないと思いますよ。

まぁ、ドーラなら知ってるかもしれませんがね。

ではどこから?

そう、それが疑問だと思うんですが、どこからムスカを取り出すのか、という話ですよ。

ここからは割と個人的な話題になりますが、僕は横からです。

簡単に言うと、 T→下 みたいな感じです。あ、正確には逆ですけど。

ちなみに友人に聞いたところ、上からだそうです。

もう一人の友人に聞いたら既読スルーされました。ラピュタ語が読めなかったのかもしれませんね。

なぜそうするか、と疑問に思われるかもしれませんが、単純に使いにくいんですよ、あれ。

あの竜の巣を通ってラピュタに行くよりも、横や上から出した方が圧倒的に早いんですね。しまいやすい、というのもあります。

結局よくわからなくなってきましたが

ムスカ辺りから、なんかよくわからなくなってきましたが、とりあえず、男性用下着の取り出し口は、それほど有効活用されてないってことです。そして、僕はラピュタが好きだってことです。

あと、あの至近距離でバルスってもパズーとシータには影響ないのに、ちょっと離れたところでサングラスかけてるムスカの目が目がーってなるのはおかしいという話です。

途中からラピュタに絡めることしか考えなかったことは反省しています。

では、次回は「ジブリで一番の名作は紅の豚」という記事でお会いしましょう(反省していません)。

 

それでは皆さん、リーテラトバリタウルス、アリアロスバルネトリール。