読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四条通り週末.com

京都から万物の面白さを伝えます

とうとう娘がおまるでおしっこができるように!→その結果!?

育児

 

松本です。

とうとう娘が!

おまるでおしっこができるようになりました!

これはもう、親からすれば大感動なわけですよ。

皆さん、自分のときはそんなこと覚えてないと思いますが、おしっこをしただけでこんなに喜ばれるなんてこの時だけですよ。

嫁と二人ですごいねー!を連呼する日々でございます。

教えるのがとても難しいのです

何が感動かというと、おしっこをするというのは、教えるのがめちゃくちゃ難しいんです。

どうしても、教え方が抽象的になるんですよね。おしっこをしたくなったら教えてね、とか、うーんうーん出ろーってするんだよ、とか。

子供に伝え方がわからないんですよね。

ちなみに、同じようなことに「鼻をかむ」というのもあります。

子供に「ちーんってして!」って言うと「ちーん!」って言いますからね。これもめちゃくちゃ難しいです。なんか、鼻にティッシュを詰めて、鼻息で飛ばす練習をするのがいいらしいですけど。

おしっこができるようになりました!その結果・・・

で、娘はどうやらコツをつかんだようで、自分から「おちっこ行く!」と、おしっこがしたくなったら言ってくれます。

 

ですが。

 

どうやら、我々が褒めすぎたのか、もしくは、おしっこができるようになったのがあまりにも嬉しかったのか、とにかくおしっこに行きます。

「おちっこ行くわ」「おちっこ行ってくる」「おちっこ行ってきていい?」「ちょっとおちっこ行ってくる」「おちっこ行ってくるから」「おちっこ!!」

大体、この間、20〜30分ぐらいです。どんだけ頻尿やねん!!

おしっこを「したい」の感情が、排尿感というよりも、達成感に近いというか。よっしゃ、いっちょやったるか!という感じなんですよ。

なんなら、ちょっと待ってろ、今やってやるからよ!みたいな感じです。

かっこいい!

そしてめんどくさい!

おしっこに慣れてくれるのを待つしかないですねー。いやー、嬉しいですけどね。