読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四条通り週末.com

京都から万物の面白さを伝えます

長女に辱められた話

育児

 

松本です。

長女が怪我をしまして

事の発端は、長女が怪我をしまして。

 

以前、長女がはしゃぎすぎて嫁に怒られて、嫁がちょっと強めに腕を引っ張ってしまった際に、肩を脱臼したことがありまして。

今回もまた同じ流れだったみたいなので、また脱臼かなと思って病院に行ったら、肩ではなさそうとのこと。

でもレントゲンを撮ってみてもどこかわからないと。長女はこれ以上色々触られたくないから、どこを触られても「痛くない!」と連呼してて、もうどこかわかんねーなこれみたいになりました。

結局、手首ぽいってことで、骨やその周辺に異常はないから痛み止めの塗り薬だけ出して、もし治らなかったらまた来てください、ということになりました。

それが月曜の午前中です。僕は半休をとって、娘を病院に連れて行き、戻ったら会社に行く予定でした。

家に戻ると、保健師さんが来てまして

そーいや、なんか、そんな話をしてたな、と。次女が産まれて一ヶ月経ったので、なんか様子を見に来るとかそんな感じの話。

同い年ぐらいの女性でした。帰ってきて、すぐ次女に話しかけて、仲良く話をしてるのでさすがだなぁと思っていると、同い年の娘がいるとのこと。なるほどねー。

で、僕は僕で嫁に長女の状態を伝えるために、お医者さんに言われた煮え切らない結果を思い出しながら、なんかこう、頑張ってました。

なので、僕と嫁、保健師さんと長女、で会話が行なわれているわけです。

長女と保健師さんの会話

僕はまぁ、結構真剣な話だけど、深刻な話ではないので、それなりのトーンで説明してたんですが、それを上回る長女の話し声です。

僕「脱臼ではなかったよ」

嫁「そーなん、よかったー」

保「何歳かなー」

長「2歳!!」

こんな感じです。

まぁ、僕たちの会話に支障をきたすほどでもなかったので、楽しそうに話してるなーと思いながら、会話を続けていました。

 

僕「で、脱臼ではないんだけど・・・」

保「赤ちゃん可愛い?」

長「可愛い!!でも赤ちゃん、ご飯食べられへんねーん」

嫁「どこか痛めてはいたの?」

保「そーやんねー、おっぱいしか飲まれへんねー」

長「うん、赤ちゃん、いっつもおっぱい飲んでる!」

僕「肩ではないけど、手首かなーって感じ」

保「赤ちゃん、おっぱい好きやねー」

長「うん!!パパも好きやで!!」

僕「レントゲンには異常がなくて、一応痛み止めだけもらってきたんやけど」

保「え!パパも好きなの?(半笑い)」

長「うん!パパもおっぱい大好き!」

嫁「そっか、手首に塗ったらいいの?」

保「パパも好きなんや(めっちゃ笑ってる)」

長「パパもおっぱい飲んでる!!」

僕「おいいいい!!!!嘘つくなあああああ!!!」

保「いやー、子供は正直だから(めっちゃ笑ってる)」

嘘やで

いや・・・嘘やで?

保健師さんがノリノリで話してたので「おい!」と思いましたが、まぁ、慣れてるんでしょう。嫁も笑ってました。僕も笑ってました。長女も笑ってました。

あれ?いいことだらけやん。

そして、そのまま僕は仕事に行きました。

 

うん。でもまぁ、途中まではあってます。