読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四条通り週末.com

京都から万物の面白さを伝えます

育児で一番しんどいのは、結局は人間関係かもしれない

育児

 

松本です。

育児に追われています

次女が4月に産まれ、夜泣きマックスで寝ては起きの繰り返しです。長女の時に一度経験はしているものの、やはりしんどいですね。

 

全然関係ないけど、新しいiMacの予測変換機能??鬱陶しすぎる!!切る!!ちょっと待ってて!

 

で、寝不足なのはもちろんしんどいんですけど、全部自分がやるしかない!ってなると、まぁやるしかないわな、ってなると思うんです。

じゃあ何がしんどいって、自分か嫁がやるという選択肢の中で、常にどっちがやるか、という選択を迫られていることな気がするんです。

自分がやると、もちろん「嫁じゃなくて俺かい」ってなるし、嫁ばっかりやってもらうと、それはそれで「あー、嫁つらいだろうな」「あー、嫁、内心イライラしてんのかな」「あー、申し訳ないな、でも眠いんだよな」ってなるんです。

これが実につらい。

話し合いすればいいのかもしれないですが

それがめんどくさいんですよ。それがダメなんだよ、と言われればそれまでですが。

なんか、調子がいいときもあるんですよ。うまく回ってるというか。仕事しててもあるじゃないですか、なんとなく波に乗ってるね〜みたいなとき。育児でもあって、お、このままいけるんじゃね?となることもあるんです。

しかし、長くは続かないので、結局冒頭の話に戻るわけです。

優しさの問題ですかね?まぁ、僕が優しくないのは間違いないです。嫁がどうこうはわかんないです。

でも、お互いがやることを決めてても、自分たちの体調や、子供達の体調で決めた通りにいかなくて、みたいなこともあるし、今日はどうしても眠いんだよーと思ってても、それが自分が遊んで疲れた結果だったりすると、我慢しなきゃなーってなったり、とにかくもう疲れます。

オリラジの中田くんがいいこと言ってました

で、ですね。この前、雑誌か何かのインタビューだったと思いますが、オリラジのパーフェクトヒューマンがパーフェクトなことを言ってました。

結構長いインタビューだったので要約しますが、金を稼げば嫁は納得してくれると思ったけど、そうじゃなくて、嫁が欲しかったのは今この瞬間の僕の思いやりだった、みたいなことです。

まぁ最低限の稼ぎがあっての話ですけども、稼いで存分にヘルパーさんに頼んでいいよ、とか、いつも頑張ってくれてるから贅沢していいよ、とかではなく、今、しんどいときに気遣いをしてくれるのを求めてるって話です。

確かに!

第三者の、誰かの手を借りるって本当にしんどいですもんね。同じインタビューで、どうしても他者の手を借りることに罪悪感を覚えてしまう、って書いてて、確かにその通りだなぁと思いました。何も気を遣わずに助けを求められるのって旦那ぐらいかも。

まだ次女が産まれてないとき、長女を保育園に預けて、夫婦でおでかけ!とかも考えましたが、なんとなく出来なかったのを思い出しました。

なのでブログが書けません

という話でした。いろんな人のブログも読みたいけどねー。今は時間がないや。まぁ、しゃーない。一年ぐらい、ちょろちょろと暇なときに書ければな、と思います。

まぁ次女が今の長女ぐらいの年になると、それなりに時間も増えるだろうし。それを違うことに使ってしまいそうだけど。

ちなみに、今日は調子がいいです(土曜深夜一時)。