読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四条通り週末.com

京都から万物の面白さを伝えます

格安・高級風腕時計「フランク三浦」の魅力

趣味 ファッション

松本です。

そもそも「フランク三浦」とは?

まずはこちらのニュースをご覧ください。

簡単に言うと、パロディの時計に対して、本家が製造中止しろや!って訴えたら、そこまで本気にならなくても・・・と判決を出したという話です。

確かに「フランク三浦」という語幹は「フランクミューラー」にそっくりですし、物自体も似せて作ってるように見えます。なので、訴えるのも当然かと思います。

一方で、でもまぁたかだか数千円の腕時計だし、間違えないっしょ、という判決もわかります。本家に対する損失が認められなかった、ということのようです。

僕は法律の知識は全くないので、今回はその判決の是非ではなく、愛用する「フランク三浦」の魅力を語りたいと思います。一応、判決ではセーフだったしね。

まずは実物をどうぞ

そもそも、フランク三浦とは4000円〜の激安腕時計です。言ってしまえば、使い捨てのようなものです(公式アナウンスでも同じようなことを言っていました)。ですが、一見でオシャレ風ですし、汚しても買い替えりゃいいので、使い勝手もなかなかです。

こちらが実物です。

f:id:newpal-matsu:20160423122905j:plain

相変わらず撮影技術がイマイチ。真ん中に「フランク三浦」の文字が。

 

見た感じ、おお、オシャレじゃないの、と思うかもしれませんが、実物を間近で見ると、チープさが際立っています。ですが、そこがまた魅力でもあると思います。見た瞬間に、偽物かどうかわからない偽物はダメですからね。

あくまで「贋作」ではなく「パロディ」です。もっと言えば「ジョーク商品」と言ってもいいかもしれません。

作りの粗さが尋常じゃない

また、フランク三浦の特徴としまして、その作りの粗さが挙げられます。

f:id:newpal-matsu:20160423123354j:plain

ベルト穴なんて一瞬でボロボロになります。

f:id:newpal-matsu:20160423123435j:plain

何やら後ろに色々と書いていますが、一番下に「非防水」と書かれています。

こう明記しているのは伊達ではなく、上の部分と左下の部分が少し錆びているのがわかると思いますが、これは僕の「汗」で錆びたものです。むき出しの純アルミでも使ってるんじゃないか?というぐらい錆びます。

確かテレビで紹介されていた時は「完全非防水です。水没したら新しいの買ってください。そっちの方が安い」と言ってました。

ここまで言われると、品質に対して何か言うことが馬鹿らしくなってきます。

とは言え、大人気らしいです

よくメディアでも紹介されていますし、今回の訴訟でもまた有名になって、かなり大人気のようです。

まぁこういう商品が大人気!というのも、ちょっと問題があるような気もしますが・・・あくまでジョーク商品なのでね。本物と間違う人はいないということで、コピー商品よりはマシかなぁと。

僕も友人二人に紹介したら、即、買ってました。そして結婚式にも付けて来てました。しかも二人とも。本当に馬鹿だと思います。

 

使用感はもちろん悪いのですが、それも踏まえて付ける面白さ、というのが一番の魅力かもしれませんね。

また、オススメした友人が、ベルトだけは交換した方がいいと言っていました。つけ心地が全く違うと。ただし、本体より高いらしいです。

僕は普段はあまりつけないのでそのまま使ってますが、毎日つけるよ!って人はそれでもいいかもしれませんね。

購入するなら

僕はAmazonで買いました。 

これですね。

と思ったら、めちゃくちゃ値段上がってますね(記事を書いてる時点では17300円)僕が買った時はいくらか忘れましたが、数千円だったはず。6000円ぐらいだったかな。おかしいなと思って調べたら、何やら生産が追いつかなくてプレミアがついてるみたいですね。

 

はっきり言って、こんな高い値段では買わない方がいいです。

 

なぜなら、この腕時計のコンセプトから外れてしまっているからです。

非防水で水没したら新しいの買ってねーって言ってるのに、17300円はちょっと高すぎでしょう。訴訟問題で有名になって、注文が殺到したらしいですね。

少ししたら値段も落ち着くと思うので、まぁその時期まで待った方がいいですね。そのタイミングでまたブログの記事にしようかな。

ちょっとした笑いにもなるし、興味のある人は買ってみては!?って書こうと思いましたが、こんな値段でオススメしたら詐欺みたいなもんですしね。

他にもオススメの腕時計はいくつかあるので、また記事にしたいと思います。それでは!