読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四条通り週末.com

京都から万物の面白さを伝えます

元プロ野球選手による、2016年の優勝予想まとめ

野球

 

松本です。

とうとう、金曜にプロ野球が開幕しますね。

ひゃっほーい!野球の時間だあああああと、その日は定時で全力ダッシュするつもりだったんですが、今になって飲み会の予定が入っていたのを思い出しました。

なんだよ・・・日本しね!

今日の一曲
 
MLBの試合中、7回の表が終わったときに流れる曲です。ご存知の方も多いと思います。これはオーケストラバージョンのようですが・・・なぜジャケットが柏木ハルコ?と思ったら、ブラバンの漫画描いてたんですね。なるほど!

優勝予想も続々と出てきましたね

さてと、毎年恒例のことではありますが、2016年の優勝予想も続々と出揃ってきましたね。昨年、ヤクルトの優勝を的中させた、江川氏の今年の予想も気になるところです。

そんな優勝予想を簡単にまとめてみました。ちなみにプロ野球選手として「そこそこ以上」の経験を積んだ方の予想を記載しております。

予想全部くまなく集めても、あんまり面白くないしね。

野村克也(元ヤクルト・阪神・楽天監督)

 セリーグ  パリーグ

1 巨人   ソフトバンク

2 ヤクルト 日ハムor西武?

3 阪神   日ハムor西武?

4 広島

5 中日

6 DeNA

セリーグの順位はテレビで発表していましたね。ただし、阿部が捕手として活躍するのが条件でした。阿部は開幕二軍が決定しているので、この予想はすでに破綻している気がしないでもないです。

パリーグは雑誌で語っており、ソフトバンクは決まりだと。対抗として、日ハムと西武を挙げていましたが、日ハムはもう一歩足りない、西武は去年の失敗をしっかりと検証すれば、対抗できるのではと語っていました。

江川卓(元巨人エース)

 セリーグ  パリーグ

1 巨人   ソフトバンク

2 阪神   ロッテ

3 ヤクルト 西武

4 中日   日ハム

5 広島orDeNA 楽天orオリックス

6

こちらは逆に「阿部がフル出場しないこと」を条件に挙げていたのが面白いですね。無理したら夏場に落ちてくるから、という理由でした。

パリーグに関しては、ソフトバンクは決まり。二位にロッテを挙げているのが意外と言えば意外でした。西武は先発が足りないというのは同意です。

赤星憲広(元阪神外野手)

 セリーグ  パリーグ

1 阪神   ソフトバンク

2 ヤクルト 日ハム

3 巨人   オリックス

4 広島   西武

5 DeNA   ロッテ

6 中日   楽天

江川氏と同じ番組で語っていましたが、セリーグはAクラス・Bクラスという別れ方は同じですね。その中で阪神優勝に挙げたのは、先発の充実が理由でした。

パリーグに関しては、ソフトバンクは決まり。オリックスを3位に挙げたのは正直意外でしたが、糸井の復活が鍵とのこと。

ここからは、各球団を1位に予想したものを取り上げていきます

まぁ、他にも色々あるんですが、正直、似たようなのが多くてあんまり面白くないなって。特にパリーグはソフトバンク一色で、2位を当てるゲームみたいになってますね。

ある意味、仕方ないですけどね。セリーグに関しては一応、6球団全てあったので、そちらを中心に紹介したいと思います。

阪神・巨人はいっぱい

前述の3人もそうですが、阪神と巨人の優勝予想はかなり多かったです。一番多かったのは阪神ですね。僕も一応阪神を推していますが、これはイメージも大きいと思いますよ。

巨人と戦力に差があると思えないというか、巨人の方が上だと思いますが、賭博絡みでなぜか巨人の士気は劇的に低いというイメージでしょう。こういう時こそ巨人は強い気もしますが・・・。

ヤクルト優勝予想 → 中西清起(元阪神投手コーチ)

 セリーグ  パリーグ

1 ヤクルト ソフトバンク

2 阪神   オリックス

3 巨人   日ハム

4 DeNA      西武

5 広島   ロッテ

6 中日   楽天

ヤクルト1位予想の理由は、打線がいい、でした。オリックスから戦力外で移籍してきた、坂口が一番に座るという打線でした。しかし、現状畠山が間に合いそうにない、ということを考えると?また、新外国人投手の活躍を計算に入れて、でした。

パリーグはソフトバンクで決まり。対抗できるのは、投打のバランスがいいオリックスか日ハムとのこと。

広島優勝予想 → 達川光男(元広島監督・他)

 セリーグ  パリーグ

1 広島   ソフトバンク

2 ヤクルト 日ハム

3 阪神   西武

4 巨人   オリックス

5 中日   ロッテ

6 DeNA   楽天

優勝は広島しかありません、と言い切る清々しさ。マエケンの穴はジョンソンと黒田で埋めるとのこと。いや、去年二人とも活躍してましたが・・・対抗はヤクルト。

ソフトバンクは決まり。対抗は日ハムだが、大谷が二刀流しているうちはしんどいと。日ハム・西武・オリックスは混戦になるのでは、との予想でした。

中日予想 → 江本孟紀(元南海・阪神投手)

 セリーグ  パリーグ

1 中日   ソフトバンク

2 巨人   日ハム

3 阪神   西武

4 ヤクルト オリックス

5 広島   ロッテ

6 DeNA   楽天

個人的には、達川氏以上に真面目に聞く価値のない予想だと思いますが、1強11弱という表現は面白いと思いました。

中日を推す理由は安定力から、ソフトバンクは逆にこけたら面白いなという話でした。

DeNA予想 → 佐野慈紀(元近鉄投手)

 セリーグ  パリーグ

1 DeNA   ソフトバンク

2 阪神   日ハム

3 ヤクルト ロッテ

4 中日   オリックス

5 巨人   楽天

6 広島   西武

なかなか他と違う予想ですが、実はDeNAを1位に挙げたこと以外にも、西武最下位予想も唯一です。

DeNAを推す理由はラミレスがやりそう、光山コーチの手腕に期待、去年の途中まで良かったんだし、という理由でした。全て今年の選手の実力ではないのが気になりますが・・・

 

しかしですね、この話には続きがあります。これは実は「キャンプ、オープン戦序盤を見て」の予想でした。

この後、オープン戦終了後の予想は「阪神、ヤクルト、DeNA」に変更されていました(他は全て同じ)。

つまり、DeNAの優勝予想は現時点(3/22)では見つけられませんでした!すみません!

梶谷の怪我が間に合うか、戸柱がどこまでやれるか、ドラ1・2コンビの活躍次第ではAクラスも余裕であり得ると思いますけどねー。野手も若いし。広島・中日の方が絶望的なような・・・。

ここからまた予想も出てくるでしょう

ここでは紹介しきれなかった予想もたくさんありますし、ここからまた予想も出てくるでしょう。セリーグの優勝予想の多さでは、阪神・巨人・ヤクルトですかね。

まぁ、一週間で全然ダメじゃねーかってなる可能性もありますし、予想でしかないので、本編を楽しみましょう!賭博のせいで純粋に楽しめねーわ。