読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四条通り週末.com

京都から万物の面白さを伝えます

「旅で〜」の炎上職人はあちゅうさんの嘆きを見ると巨人の脇谷を思い出す

ブログ ネタ 言及 野球

松本です。

さーて、また炎上騒ぎですよ!汚れた水槽をのぞいて見ましょう!

今日の一曲
 
ロック史上、最も有名な一曲であり、最も有名なアルバムジャケットの一つでしょう。僕も大好きです。みんな大好きです。しかし、タイトルの「Teen Spirit」が日本で言う「エイトフォー」みたいな、若者向けの制汗剤の商品名ということを知らない人は多いですよね。

定期的にくるやつですね

最近また炎上職人が炎上記事を書いて炎上していますね。実は、僕はその人の記事を普段からは読んでいません。この炎上騒ぎで初めて読みました。名前はちょっと知っていましたが。

lineblog.me

まぁ、簡単に説明すると「旅で人生変わったとか言うなよ」お前らより私の方がすげー旅してっけど、全然変わってねーから」「本買えよ」でした。

で、僕が購読してるブログだけでも、数件言及がありました。

大体の方の意見は「いや、それはあんたの問題じゃないの」みたいな感じでした。

honeysuckle.hatenablog.jp

blog.imalive7799.com

hagex.hatenadiary.jp

僕が購読してるブログだけでもこれなので、さぞ本人はまーた言及きたぞウハウハだわ、と笑ってると思いきや、何やら嘆いてるとかなんとか?

この記事に対する反論は、もう皆様が書いてくれてるので特にないんですけど、僕としては過去の事件を思い出したので、それについて書いてみようと思います。

そう「脇谷事件」です。

脇谷って誰?

まず、脇谷とは誰なのかという話から入りましょうか。巨人→西武→巨人に移籍した内野手の脇谷選手のことです。FA補償で出て行って、FAで帰ってくるという離れ業を成し遂げた、現時点で唯一のプロ選手です。

まぁ、はっきり言って僕はこの選手が嫌いです。

その理由は、野球ファンならみなさんご存知、前述の「脇谷事件」です。

事件とは

2011年4月20日の阪神-巨人戦でその事件は起きました。7回に当時阪神のブラゼル選手がフライを打ち上げて、それを脇谷選手が捕球しようとし、落とした・・・ように見えたシーンです。

審判のジャッジは「アウト」でした。つまり、ノーバウンドで捕球したと。しかし、明らかに落としたように「見えた」のです。当時の阪神の監督だった真弓監督も猛抗議しましたが、判定は覆らずアウトでした。

酷い誤審ですが、僕は納得していました。審判がアウトと言えば、それはアウトだし、ボールと言えばボールなんです。それはもう仕方ない。悲しいことではありますが、それが野球なのです。

 

しかし、試合後の脇谷選手の発言により、僕は激しい怒りを覚えました。

 

脇谷選手は試合後、スポーツ紙のインタビューでこう答えました。

捕りましたよ。自分の中ではスレスレのところでやってますから。VTR?テレビの映りが悪いんじゃないですか

阪神ファンからの激しい怒り

当然、炎上しました。皆さんが思ってる以上に炎上しました。阪神ファンは某ブログでは「一向宗」と例えられるぐらいの信心を持っていますから、それはもう炎上しました。

しかも、この発言の次の日も、甲子園で試合だったのです。

「脇谷ー!テレビ買うてくれー!」を合言葉にものすごいブーイングの嵐でした。本当にすさまじかったです。僕は中継を見てましたが、本当にブーイングが聞こえてきました。

 

その後、脇谷選手のインタビューが何かのスポーツ紙に掲載されていましたが、僕はその内容にあきれ果てました。

「(ブーイングが)ショックでしたね・・・。ヤジの幻聴が聞こえる」

というようなことを言っていました。その後、信じられないぐらい調子が落ちた脇谷選手は、間もなく二軍に落ち、その後も怪我をし、育成選手に落ち、西武に放逐されたのです。

どうすればよかったのか?

少なくともあのプレーだけであれば、それほどバッシングはなかったと僕は思います。その後の発言が不味かったんだと。ノーコメントを貫けば、恐らくは問題なかったんじゃないかと。

そして、その後のインタビューでも僕はがっかりしました。ショックでしたって。むしろ僕は「ヤジなんか気にしませんよ」と言ってほしかった。ヒール役になることがわかっててあの発言をしたのなら、コイツやるなって思いましたが、何もわかってなかったのか、と落胆しました。

まぁ、一番の罪は「エラーをしたこと」であると思いますけどね。プロなんだから。

今回の炎上と共通する点

最初から炎上しないと思っていたなら本当に愚かだと思います。

そして、炎上するとわかっていたらなら、したり顔で「やっぱりね」と笑ってほしいのです。それがエンターテイメントだと思うのですよ。

ブログと野球、もちろん、全然違いますが、どんなものにでもヒール役は必要だと思うんですよ。思うように操られて「憎まされる」という体験は、それ自体がエンターテイメントだと思うのですよ。

なぜ、落ち込んでしまうのか。なんて愚かなのか。がっかりさせんなよ、と思うのです。

 

脇谷選手は今年から巨人に復帰します。僕は脇谷選手が本当に嫌いですが、今は人間として嫌いなだけなので、活躍して「敵に回すと嫌いな選手だな」と思わせてほしいですね。ブログの方は知らん。でも美人でしたね(フォロー)。