読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四条通り週末.com

京都から万物の面白さを伝えます

阪神優勝や!!!

野球

 

松本です。

オープン戦が終わりましたね。早速の野球ネタです。

今日の一曲
 
六甲おろしと闘魂こめてが一度に聴けるお得?CDです!とは言え、それ以外の球団応援歌も入ってます。一昨年、メジャーオールスターと侍ジャパンで交流試合をした際、その前哨戦として阪神・巨人連合でチームを組んだのを思い出しました。ああいうのいいですよね。

やりました!!!

阪神オープン優勝や!!!

 

・・・とりあえず、今年中に嘘ではない範囲内で「阪神優勝」という言葉が言えたので、僕はすでに満足です。

しかしですね、オープン戦とは言え、馬鹿にはできないのですよ。オープン戦の順位とシーズンの順位、そこまでめちゃくちゃ乖離しているかと言われれば、そうでもないのです。

ここ3年間は、オープン戦1位がシーズンも1位

2015年、オープン戦の1位はソフトバンクでした。ご存知の通り、二年連続の日本一になりましたね。実は2014年のオープン戦も1位はソフトバンクでした。さらに、2013年のオープン戦の1位だった巨人は、その年のセリーグ1位でした。

こう見ると、ここ数年は1位が1位になっており、法則通りにいくと阪神も?となってもおかしくないのです。

では10年間を見てみましょう

それでは、ここから2006〜2015年の結果を見てみましょう。

年数  オープン戦優勝  シーズン結果

2015年 ソフトバンク → 1位

2014年 ソフトバンク → 1位

2013年 巨人     → 1位

2012年 ヤクルト   → 3位

2011年 阪神     → 4位

2010年 日ハム    → 4位

2009年 ソフトバンク → 3位

2008年 西武     → 1位

2007年 西武     → 5位

2006年 西武     → 2位

 

最下位はない!!!

 

という、中途半端な結果に。しかし、5位になったのも、2007年の西武だけです。皆さんご存知の通り、2007年の西武は超絶不調で広岡-森時代から続いた25年連続Aクラスの日本記録が途切れた年です。阪神にはそんな輝かしい記録なんてござーせん。だからノーカウントにしましょう(ちょっと苦しいか)。

でもまぁ、最下位はなく、7/10でAクラスなら十分期待できると言ってもいいんじゃないでしょうか。

開幕スタメン予想最終版

僕はこの記事で開幕スタメンを予想していました。

 

しかし、ここに来ての選手の好調・不調の波を鑑みて、最終版を以下に改めました。

 

1(左)高山

2(中)横田

3(二)西岡

4(右)福留

5(一)ゴメス

6(遊)鳥谷

7(三)ヘイグ

8(捕)梅野

9(投)メッセンジャー

 

 まぁ、ほぼ今日のスタメンなんですけどね。

本来はヘイグを3番で使えればいいんですが、ここ最近の調子を見ていると・・・うーん。代わりに3番に入る右打者がいないため、スイッチの西岡を入れておいて、そこからジグザグで考えるとこうなりますよね。

長いシーズン、これが続くとは思いませんが、やはり、成績を残している1・2番を始まる前から変える訳にはいかないと思います。また、助っ人として期待している外国人を外すのも考えにくい。そうなると、こうかなと。

個人的には期待大の打線です

まぁ、結果論と言うか、見たまんまの話ですが、これは結構いい打線な気がしますね。スタミナ的に夏が怖いところは大いにありますが、6番で鳥谷を使うことで、かなり負担を軽減できると思うんですよね。

しかも、鳥谷を簡単に歩かせると、ヘイグと梅野の当たれば怖い二人です。前で点が取れなくても、後ろでも気を抜かせない、去年までとは大違いの打線だと思います。結果が出ているうちはこれでいいと思いますよ。何より見てて楽しいし。

将来はここから、高山・横田・梅野で中軸を組んでくれると、子供に「若手の頃から、物が違ったよ」と言ってやるのになーと楽しみにしております。

 

阪神優勝や!

 

その他、野球の記事