読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四条通り週末.com

京都から万物の面白さを伝えます

ミスタータイガース掛布二軍監督の信念

松本です。

今日の一曲
 
誰が歌っていても良かったんですが、まさかのサンプラザ中野くん。爆風スランプを紹介する前にこんな形で紹介するとは。ちなみに、なぜ「おー、おー、おおー、阪神タイガース」という歌詞か知ってますか?実は昔の「大阪タイガース」時代に作られたからです。

そろそろ開幕!

そろそろプロ野球の開幕が迫ってきましたね。皆さん、もうこんな時期に仕事なんぞしてられるかよクソが状態だとは思いますが、僕も一番めんどくさかった案件が終わり、とりあえず安息の日々を過ごしております。

さて、3/12に一軍より一足先に二軍が開幕しました。例年ならばいつの間にか開幕し、いつの間にか終わっているというのが二軍ですが、今年は中日の小笠原二軍監督、オリックスの田口二軍監督、阪神の掛布二軍監督等、大物が就任しており、二軍も非常に楽しみです!

ネットニュースでそんな掛布二軍監督の信念が載っており、さすがだな〜と思ったので簡単に紹介します。

信念その1、サングラスはレンズが透明な物を使用

これはカメラマンに表情が伝わるように、という配慮だそうです。

黒いレンズだと印象が悪くなるという意味もあるそうですが、確かにサングラス姿って「安心するな〜」って感じはしないですからね。掛布二軍監督は常に笑顔なイメージなので、周りも安心する気がしますね。

信念その2、サングラスを外すときは後ろ向きにして耳にかける

これについてはなんでだろう?と思ったんですが、サングラスを帽子のつばに乗せると、タイガースのマークが隠れるからだそうです。

タイガースと契約をしているんだからマークは隠さないという配慮だそうです。なるほど!配慮の人と言われるだけはありますね〜。選手やマスコミだけでなく、チームに対しても配慮してるんですね。

信念その3、グラウンドに出る時はグラウンドコートを脱ぐ

これは以前にも聞きましたが、お客さんは掛布二軍監督の代名詞でもある「31」という数字を見たいはずだ、とのことです。昨季はずっとグラウンドコートを着てましたからね。番号に対するこだわりも一層あるんでしょう。

これに関しては、今年のドラ1の高山にも「背番号9はマートンではなく、高山になったということを示しなさい」という風にアドバイスをしたことも、ニュースになってましたし、やはり背番号へのこだわりは大きいようですね。

そんな阪神の二軍は

開幕から三連敗です!はい! 

でも江越も陽川も打ってるようですし、選手の育成を基本とした二軍では戦績よりもプレイ内容を重視したいですね。まぁ、三連勝ならひゃっほーい!って言ってるところですが。巨人賭博しやがって最悪じゃねーか!→まぁ、こ、声出しぐらいはね・・・と同じ流れです。

(ちなみにアップする前にメッセンジャーで勝ちました。掛布二軍監督は「卑怯な勝ちって書いとけよ!」とリップサービスしてましたがw)

6月くらいに「阪神最下位じゃねーか、日本死ね!」って記事を書くようなことになってなければいいんですが・・・国会で取り上げてくれないかな。